ホーム お茶 ほうじ茶 鬼番ほうじ茶(200g入)
鬼番ほうじ茶(200g入)

鬼番ほうじ茶は、5月にしか採れないやぶきた一番茶の芽と茎を使った、一味違う当店オリジナルのほうじ茶です。
一番茶を贅沢に使って丁寧に焙じ上げているため、豊かな香りとまろやかな味をお楽しみ頂けます。また茎が入っているのでコクのある甘みも感じられます。火で焙じてあるため、低カフェインでどなたでも安心して飲んで頂けます。
原料となるお茶は、「ひら番」とも「チョッチョ(蝶々)番」ともいわれ、昔は「笠原番」とも呼ばれほうじ茶原料としてよく使われていました。
特に焙った時のふくらみと味と香りは抜群で、知る人ぞ知る銘茶でした。しかし、今ではこのお茶を作る工場はごく稀です。時代とともに製法が途切れ、「よ(撚)り番」はできても「ひら番」はできる茶師は少なくなりました。
このお茶の製法には蒸しと下揉み・中火・精揉に独特の感能・技能が必要で、鬼番茶をつくるのはお茶師の技術の見せどころです。
当園は創業以来「笠原番」にこだわって技術を伝承しています。
更にこの鬼番ほうじ茶は、一年間常温で寝かせて、お茶を枯らしてから焙ってあります。

品種:籔北
摘採時期:通年

<おいしく飲んで頂く目安>
茶葉の量:約4g(一人分) お湯温度:80〜90℃ 抽出時間:約30秒 

※袋は写真と異なる物になる場合がございます。ご了承下さい。
販売価格

500円(税込540円)

購入数